「ほっ」と。キャンペーン

The White Fridge

 

たんじょうびなんで、あたらしくBlogつくってみた。

under the starlit sky
 

やってること今どこもおんなじなんだけどね。

先日、kindle で出版させていただいた、

白い冷蔵庫』は書いた本人も読むのにパワーいるほど

当初ああなるイメージなかったのに‥

なんというか、2011年‥いや、1980年代から今日までの

いろいろ見て訊いて知ってしまったことが凝縮されてる。

あのまま時間あったなら、もっと長くなったかもしれない。

ただ、サブタイトルの『仕組まれた核3.11』っていうほど

あの震災の真相究明の手がかりについては‥ポイントだけおさえて

今回そんなにつっこんでは書いてない。

‥実は、いくつか隠しURL入れておいたんだけどね。)

そういうのは、すでに、あちこちの本とかネット情報で

調べたり、自分たちで‥今も現在進行形で経験している事実から

これからさき日本がどうなるのか?

それはもう、だいたい予測がつくでしょ。

問題は今をどう生きなきゃならないのか‥

そういう意味で、次の世の中へ橋わたせるものと

ショーもない国の上層部に任してはおけないことが何なのか?

連中は何を隠したいのか? 

そういうことを一冊にまとめたわけ。今回は。

あれをパイロット版にして続編を書くかもしれないけどね。

なぜ

かつて合州国ゼネラル・エレクトリック社製の

白い冷蔵庫を三井物産が輸入して以来、

原発メーカーとしても名高い、三菱、日立、東芝が

家庭用冷蔵庫の製造販売トップに君臨する日本で‥

ある意味それが原子力の闇の象徴なんだよ。

status/12:23 am 17 Nov 2015


まぁ、そのあたりは読んでみると、

なるほど!と、わかるひとと

なんだこれわっ!って、あたまくるヒトとか?たぶんいるとおもうし

究極的には、書いた本人より、読んでいるひとが 

自分は何者なのか? 

って問題に直面してくる‥よね?

いや、もう幾人かの方に御購入いただいているので

その読んでしまった方々に訊いているわけです
。)

とくに学校の先生とか寺の坊さんとか

巷のお医者さんや栄養士なんかは読むのたいへんかもね。

それで人間なの? 

とか?自分で自分に問いかけないと

一歩も先へ進めない内容になってる。

残された道は、一人デモ多くの人間が

今まで通りの常識からはずれること。

んなこと云ってもねぇ、

無理なんだよね? 

今となっては。

だからまず、今こうしているあいだにも

ほんとは今の日本がいろいろヤバイ時期にあること気づいてるひとから

それぞれが現状の健康を維持していかなきゃならない。

そのためにも今回¥311という破格で? 

あの内容に仕あげた。

知っておいて損はない情報‥というか、

これからを人間として生きてゆくための心がけとして。

もっといろいろ入れたほうがよかった? 

肺からくる下り物による痒みだけでなく

汚れたモノ食べたり最近の空気を吸ったり

オカシナ雨に撃たれたあと免疫力が低下して

身体じゅう痒いとき‥掻き壊して 血の海になるまえに

血海【けっかい】という場所で、ある程度は

痒みを抑えることができる‥とか。

ただねぇ、そういうこと満載してしまうと、

単なる実用書になっちゃうじゃん! 

もう今は、そういう世の中も終ったわけ。

導引だろうと何か流行りの健康体操だろうと

まにあわないよ。はっきり云って。

あまかぁない。

既に、今この放射能汚染の時代へ突入して5年目。

おそらく、『白い冷蔵庫』へ記した内部被曝の累積についての記述は

世界最先端だな。(‥今も大勢がヒト柱にされる社会の底辺ではな。)

ああ?うぬぼれてるわけじゃねぇよ。

誰もマトモに書かないし、云わない‥というか、

何の症状や病名やデータを並べても

支配側の情報操作とゴッチャになったの多すぎるから

今まで、あそこまで懇切丁寧に云った者はいなかったわけでしょ?

だから今は自分たちの既存の知識と比べてしまって

意味が通じなかったりする部分とかあっても、

いずれ必ず、次の世に生きる人間の役に立つときがくる‥とおもう。

じゃぁ、どうして生きていきゃあいいんだ? 

そのとき自分で創意工夫して生きるためのヒントを満載したわけ。

それは今、おれ自身に対してもだよ。

何が起こるかわからない。

前人未到だからね。

そんなこんなで、『白い冷蔵庫』という電子書籍のなかには

原子力発電所の事故に関しての特定の地名とか人命は

いっさい記述してない。

まだこの先も、世界各地で繰り返される可能性が高いので。

 

    
    ASIN:B017YMOUHU 電子書籍:¥311

 

なんかきょうは正直に語り口調になっちまったな。

ほんとうは、

ジョニー・マーの最新Liveアルバムがスゲェぞ!

とか、キースさん3枚目のソロ出して、

今日まで生きていてヨカッタ! 

とか、以前みたくフツーの?Blog書き綴りたいんだけどね。

どうもその気になれない。

なれないだろ、 

あそこが

 

 


今も、まだこんな状態じゃ! 

 

 

 

 


http://trackback.blogsys.jp/livedoor/badlife/65890362
[PR]
# by badlife | 2015-11-19 23:00 | BAD LINKs Ⅱ

eBookshelf





読んでくれてありがとう!


Thanks Reading
[PR]
# by badlife | 2015-11-15 12:34

Internet is Dead


 
2038年にインターネットは終わる?
 
終わるというより
今とはまったく別なフォーマットへ移行されるとおもう。
ST0NES/status/2 Jun 2015
あと20年以上さきの話でも
今こうして書いているもののデータも、すべて消えてしまうかもしれない、
米議会図書館がツイッターの全記録を保存する告知
それを見越してのことなのかもしれない。
単一のネット回線に記録された情報、データが
すべて失くなるということは単に
一つの時代が終わるなどという軽々しいものでなく
日本であるなら、
この地球上で人類が絶対に起してはならない原子力発電所の事故が
在った事実も風化され、今まだ何ひとつ終らず、片づかず
治らない怪我や誰にも治せない病のような深刻な放射能汚染が
今なおつづき、その悪化も現在進行中の状態が
世の中に隠されてしまうことになる。
あと20年で?
誰も今まで通りに生きられないなら
今できることをやるしかない。
そこで今の時代に何を残すか?を真剣に考えた場合‥
BADLiFE/ASIN:B010W97F6K
石へ刻む思いで書いたものを
全世界へ向けて出版、配信する手立て、手段に出ることにしたわけだが
それが、いつまで、どこまで通用するのかもわからない。
わからなくても今まで通り
大がかりに支配された仲にいて‥
インターネットという奴隷を統制する支配側の道具の仲で
踊らされているわけにはいかねぇだろ。
どなた様も。
 
で、今まだこの時代に使ってる暦、西暦は
どこで誰が始めたことなのか?
西暦の以前の人間世界について
どうしてマトモな教育がなされないのか?
そういうことを
この一ヶ月、独自に調べてみると、旧約聖書にぶつかり
1947年に建国されたイスラエルという国の
その国名が人名であることや
神とヒトの世の関係を曲解させてきた特定の宗教思想が
戦争ほか文明のターニング・ポイントや
2000年間の世界の秩序、常識を操ってきたことも視えてきた。
BADLiFEs/status/621011075929088001
遡るなら16世紀あたりから
世界経済、世界貿易を操るために
それまで以上に金や銀の採掘が進められ
今の国連や金融支配を形成する諸団体が動きやすいように
大国による侵略、侵食、入植‥
その、領土や資源を奪い争う戦争や紛争が
世代交代の合間に絶えなく繰り返されている世界。
それを人間の世界としている教育?社会常識?
実に馬鹿げている。
今は平和だの安全協定だの、それを維持する契約だの条約だのと
平等や人権を縦に、数々の交換条件、飴と鞭の政策で
大衆をコントロールして、どの国も
自由と正義を武装するような格好になっているが
本来の人間の世界というのは、
この地球上で成長しつづける過程にあって
その成長、進歩、発展が遅れている。
それは人類の進化の後退などではない。
医療・教育・経済・政治・宗教の、ヒトの営みを構成する5分野で
大勢の人間が成長して生きる勢いが減速している。
それは、この歌にもあるとおり。
Lonely Planet @TheThe
 
日本のショーもない原子力発電所の事故の情報を追っていると
きりもなく、うんざりする現実しか視えてこないし、
それで時間という命を消耗させるように
自分が生きる時間を台無しな方向へもっていかれてしまうが
幕末の世から今日まで巧妙に仕組まれたカラクリの仲にいて
「今さえ楽しけりゃ、それでいい」とかヒラキナオル連中や
常に醜く、自分の知識と比較して他人を見くだしたり
単に誰かの何かを批判することしかできない可哀想な連中はもとより
#自分だけ基準に生きて死んで世の中おわる格好‥
そんな、つまらない人間の姿のまま死んでもいいのか?
というほど、自分という人間が何者なのかを
自覚できないようにさせられている者が、あまりにも多い。
 
それらは根本的に今の世の中の教育が兇いとおもう。
detail/ASIN_B010W97F6K
そういうことを念頭に、その本を書いたわけだが
一部が難解なので?わかりやすく物語で解説も書いた。
ref=ntt_athr_dp_sr_1?_encoding=UTF8&field-author=search-alias=digital-text&sort=relevancerank
まぁ誰に通じなくても、
2038年ごろには何が書いてあったのか?
理解できるヒトも今よりは増えることを願っている。
 

[PR]
# by badlife | 2015-07-14 06:30

Bad Life 2038

Bad Life:(Revised Edition)

Bad Life:(Revised Edition) [Kindle]

    Contents
 
     GAS 欠CARS
 
Bad Fence ………… June '85
丘の上のオルゴール ………… 199?
はじめからあったもの ~ Made of Lord …… March 17th '88
It's gonna find one way to Heaven … spring'85,winter'90
明日を明白に vol.4 ………… April 19th '97
生まれかわる春に ………… April 3rd '97
Goody One Shoes ………… Sep.~Oct.'87
Across the Glory ~ 栄光の仲間たち ………… 1985~'87
Spirit Magazine Zero ………… Dec. 4th 2007
その命が自由でいられる時は今 ………… July 6th 2009
あたたかいスープ ………… 1997, 2002
 
     Bird Songs
 
比較という原罪 ………… autumn '88
魂のうがい ~ Soul Gargle ………… Feb. 1st 4pm 2000
発展過剰国の片隅で ~ I'll Never Make A Saint Of You … 1998
Angel On the Beans Field ~ 豆畑の天使 ………… 2007
核の冬、核の夏 …… July '98 & Jan. '99 & 2011~2015
燃える森の鳥たち ………… Dec.4th '97~2000
愛にはぐれたつばさ ………… 1985
Vox Pop Suicide ………… April 8th '86
明治・大正・昭和の常識は終わった ………… May 13th '94
Exit from Hell ………… Nov. 1st '99 in Marunouchi
大日本被曝帝國 ………… 1999
魂の足踏 ~ tribute to wikileaks …… July,Oct10th0am'97
白い鳥と赤い魚 ~ female & malesex ………… 1992
 
     Money - Games
 
HEAD of ST0NE ………… June 20th '92
かけがえなきうた ~ on the night train ………… Jan. '91
魂の再覚醒 ~ take me out the rain … April~May '99,May~July 2000
Brand New Wallet! ………… April 24th~25th '99
Mind Resolve ~ 心の貧しさからの解放 ………… 1998
ディランの唄はきこえない ………… Nov. 29th 5~6am '99
Dance On The Edge ………… July 20th 2010
ある闘いの終わり。そして、はじまり。 …… Aug. 22nd 2006
Anti_TPP:café au laitの注文が多い世界へ … Jan. 9th 2008
雨あがりに吹く風 / 風の業務連絡 
freedom for one's human race ………… March 17th pm11 '88
最期のステージ ~ 続・題名のない楽譜 ………… July 23, 2006
 
     神について ~ About the Maker
 
Pale Morments ………… March 25th pm11 '85
神との遭遇 ~ Little Big Man's Shoes ………… 1986
宗教の末路 (alternative) ………… July 7th 2005
When The Lights Goes On ~ 神の導き 2 ………… winter '92
Vert Demoiselle ………… June 30th 2008
Non Awakenings ~ 教育によって崩壊する人類 …… May1st'99
re. 虹がきれいだった日に ……… May 12th '88 & Feb. 2001
神コップの真実 ………… July 12th am4:21 2010
空を見あげたとき泛かぶ想い ………… Feb. 5th 2010
続・神との遭遇 ………… Dec.'88 & nov.'96
Mortal's Specifications ………… Aug. 2nd '97
銀いろの龍 ~ あたらしい月夜にて ………… 1997, 2007
 
     Good Nights
 
Dead Cabinet 1992 ………… April '92
遮られた太陽 ~ Blinded by Sun 9.11 ………… July 2002
Good Night (Out Version) ………… 1990
Across the Education ~ 時代は巡らない ………… 1987~'88
限りなく白に近い蒼ざめた壁画の手前側 …… Nov. 27th 2007
Lie of Education is Exposed Day ………… Aug. 29th 2009
生誕の花園 ………… 1988
ほしいものが手に入らなかった時(DUB Version)…… Oct.'85
On the Beach ………… April 30th~Sep. 3rd '97
そして彼のギターは美しい 2015 …… spring'95~'99,2000,2006,2015
生誕の花園 2 ………… 1994~'95
あいうえお、ひかりとかげ ………… July 20th 2007
生まれかわる春に 2 ………… Jan~April 3rd '97
歿にゆく者の役割 ~ Lioness & Tigress ………… 1997
Black-Eye Street Cat's Stories (序) ………… 1996~2002
『人類の道理』~ 人間の創られ方の基本 ………… 2015
創った側の化身 ………… Feb. 27th 2009
 
     ほしのうた
 
Like a Shooting Star ………… Aug. 24th 23:00 '85
Pales Fresco ~ 羊飼いの女神の壁画 …… 1985~'86 & Dec.28th2010
Born in the Bleu ………… March 20th '92
Strange Globe ~ 容器の崩壊 ………… May 13th '95 & march, April l7th '96
崖縁の悚悸 ……… June 10th '95 & April 7th, Sep. 1st '96
Real Human Race & Your License …… Jul 24th 5:49 PM 2009
おどる太陽 ………… June 13th, 23th '95 & April 7th '96
Long Mad Summer ………… Aug. 14th 2000,19th,24th 2009
海の仲間たち ~ Companions of the Sea ………… '88~1992
Lonely Globe ………… April 25th '94
夜は だれのために ………… 1987
Dancing Stars ~ 星屑のダンス ………… 1987
流星の匂い# ………… April 17th '96
月と蒼い海 ~ 今日が今日で終わらない理由 … 1998 & Feb.1st2007
 
     航海さきに発たず
 
Sunny Afternoon ………… March 21st pm6 '92
Pet-Bottle Generation ………… June 7th 2009
Time is on Your Side # ………… 1992
たいようのやさしさ ………… March 28th 0~1am '96
あたたかい夜の海へ ………… Sep. & Oct. '87
Sure exceed the Rainbow & Horizon ………… Jan. 23rd 2009
雲は雲として白く 空は空として青く# ………… July 27th '97
失われゆく夕映え# ………… April 22nd '97
遠い夜空# ………… Feb. 25th 0am '98
Driftage Morment # ………… Aug. 13th, Oct. 14th & 21st '97
ウミネコと歳老いた犬 ………… 1997
 
     こいのうた (25篇)
 
あとがき ~ Do Not Use To Be Like An Dry Cell

 
--------------------------------
 
ヤッピーE-BOOKS

みなみ まさあき 創作集 [Kindle版]
[PR]
# by badlife | 2015-07-04 16:16 | BAD LINKs Ⅱ

    Message to U2 

 
 I hasten to inform you.
 I am your fans. And, it is Japanese of 42 years.
 It has all albums and singles CD.
 My son also listens to your song and performance at born time, it grows up, and it
 becomes eight years old this year.
 
 The mind of the person who has a body all over the world
 If people sing, it is encompassed by the played music, and it is filled
 Surely at one time,
 The life of bottom of the sea, the sky that stretches on the cloud, and the one
 to sleep under the soil on this earth.
 It is believed that the role of all things is liberated freely true.
 
 However, the world in Japan and the music scene in Japan are in
 development from after World War II of the 20th century to today on
 the way now.
 The population decreases sharply before it is for tens of years.
 Children's minds of many of senior citizens who experienced the war
 unrelated to economic society, political that loses energies, and
 worries because of the falling birthrate, whereabouts on the body are
 in the place that became distant from the common sense of a current
 society day by day.
 "Music of Japan of today"'s seen when you come to Japan having
 already liberated whose mind and the body has become impossible in
 the past.
 
 Still,There is a man who has believed the world only for one person to keep
 only singing in 1970's, to keep fighting against the system, and for
 an own song to be liberated.
 http://home.p02.itscom.net/fighting/ It is this singer-songwriter named Tetsuya Itami.
 
 Please it's asking.
 Next time, please lead this man's song and performance to your
 opening act when you come to Japan.
 My best regards.
 I believe U2.
 
 MasaAki Minami
 
 

[PR]
# by badlife | 2009-05-17 00:46 | English Change

    50th-Anniversary! SINCE 1958 

    

       TI2008LOGO    rpdl
    

    

   

 

    001 お辞儀をしましょう ~ Don't tell me why ~
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10087513601.html


 

    002 歌は白く心燃やす
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10097028657.html


 

    003 フラミンゴ
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10100343436.html


 

    004 バイバイまた明日
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10100451433.html


 

    005 過ぎた事
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10100460426.html


 

    006 a love letter from the Heaven
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10100198555.html


 

    007 母の嘆き ~ siesta seorita ~
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10097029072.html


 

    008 忘れ路のリタ
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10097028348.html


 

    009 展望台から
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10097027291.html


 

    010 風になり ~ Night Swept ~
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10100717147.html


 

    011 明日に架ける風
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10101060585.html
 


 

    012 風の中のレクイエム ~ requiem down on the wind ~
 http://ameblo.jp/badlife/entry-10101064844.html
 


 

 


[PR]
# by badlife | 2008-05-25 04:01 | BAD LINKs Ⅱ

Will you perform the song tune about"Lost love"?





Will you perform the tune that sings of "Lost love"? (music introduction)



Human race society of 2006 that singer-songwriter and Tetsuya Itami in Japan sing







http://ameblo.jp/badlife/entry-10012147321.html




Thus,

In the last page, though it has written somehow in a part of delusion and the with one's own way




http://ameblo.jp/badlife/entry-10011598501.html#c10019107029




It introduced it on this page.



時代は変わるよ / The age changes



The new song of DEMOTetsuya's consideration ..(..)

It is up-loaded again on the usual site
. http://home.p02.itscom.net/fighting/


Then, there is no DEMO2, and DEMO. Interior of interior of ..drinking.. corner. Interior of page of Gallery as of 2006-06-05.

It is there the new establishment of the page of DEMO5.html.  ☞ GALLERY5.html


Moreover, there newly again

Besides, five tunes of various variations besides last time are arranged.

That sideways that and

I ..".. do not belong to the underground.

Puppet..become.


With message of ..drinking.. ,.





Among the musics introduced there



HANG ON RIDER



Tom Waits's 'Drunkard angel' is reminiscent.

Even a valuable sound source of the live performance at 33 seconds of seven minutes appears, too.

Describing clearly who the piano performance of backing is : though it is not.

Only the singing voice put on a skillful usual guitar accompaniment

It is clarified that it is not Tetsuya's Itami artist talent and is clarified the Hakkiri.





It is above the one.



Rock'n Blues



With ..rough.. song of Cange of music on 20 seconds of five minutes though it is developed by the performance

Tasting that mastering the blues harp is chic is caused.

Blackish atmosphere is intertwined and is interesting in lyrics of "Tetsyasets".

One also for driver in strong respect of divine wind taxi (?) of Nagoya and Sho of Niigata * harmony taxi to want to listen.





Though it explains below without permission why

(Defend the order of the decision of the artist and the array. )

It is in the following.



Sorry'ma baby



"Is this cover of Elvis?"

To tell the truth original music. it is possible to think

..floatage.. ?、「Bo I ♪」Drink..'..brier. Though there is an image like the western-style music

Even Tetsuya's generation has already experienced, and it has listened to such a tune in real time.

Many of famous piece of music of American popularity in 60's 1950's.

The country whole, Burt Bacharach, and Jerry Butler, etc. also include it.

Only the person who is well informed of such a tune composition thinks that it can make it.

Only this tune must not make atmosphere "It is nostalgic" a selling point, and either ..even..

From among the person who is the Big normally name of TETSUYA ITAMI

There is no difference in the tune of springing up naturally and making it.

For instance,

In the movie where the life of an aged singer that the United States doesn't sell is drawn

To the guest in a certain shop

「. Will you perform the tune that sings of "Lost love"?」

It is requested.

And, starring and C. Eastwood of the movie :.

My mate's guitar is held, and it begins to sing indifferently.

There was such a scene.

I was brought together at short time of 24 seconds of these four minutes.

Loddy of ..obtaining.. Me and the singing voice to the mind of the person who listens

I also want that C. Eastwood to listen. By all means.





Well, today though it apologizes because of the interpretation of Orenaga

It introduces music unusually for me, and seriously. (It : of where. )

I think ..such Matomo.. contents of a letter to be ..・・・・.. ・・・・ at times ..might the necessity...

This time the on



口笛のメロディ / Melody of whistle



Even the introduction to beginning go out : to the head thought to be "It is possible to come".

It is a singer and it is skillful of Tetsuya Itami as the composer.

"The melody of that waist Coast style revived. "

The person of the fan from perhaps old : more than imagined feelings.

The Bullitt pop in the latter half of 1980's has been imagined for me.

Aztecc camera where Loddy frame exists

The JAM to which ROCKAPELLA shines … Style council

Cc Hayward of haircut 100.

Additionally, Pal Fauntenz or orange juice and Prifab Sprout

It is singing as for the tune 'Pashenz' … getting … Roid call & Comorshonz . . . Etc.

In the music scene in Britain in that age

The man of talent and the melody manufacturer as said, "Appear only by one degree in ten"

With a lot of possession songs that the message color is thick though it is fresh

It disappeared somewhere when the hit was shot one after another.

However, music keeps still acting on the people now.

At that time, people who to complete from the independent music chart of Britain to the majors route also :.

It never resigns.

As much than keeping no change of Tetsuya Itami in Japan, the singing, and alive.





It is most below at and the end.



心静かに / It is calm



What has this tune already been said?

What is my frame of mind until recent in the tune that feelings that exist completely in the counter direction are shown by the song?

"It is alive in such feelings at man and any time when. "

The content like the yearning on the half for me of today.

To tell the truth,

The complaint : to the quality of tone quality though cannot say because DEMO.

By all means..live performance..listen..have.





Moreover, personally (… complete, personal)

It was necessary to have been introduced last time.

"Tokyo phoenix that is buried in sand of Tokyo desert, and looks like myth"

Sung thrill at 32 seconds of three minutes

『13月の灰~ / From among the ash during 13month』 ..bite.. ,

It was sung, "That was a gust at the midsummer, and a danced curtain".

Tune to make performance of Rowel George of Fleetwood Mac and Za band thought.

(The number has been forgotten. )

And,

『一片の塵 / Piece dust』

『ひゅるりら / hyururira 』 (..keeping secret..)


In addition, though there were still two new songs

The day when it can listen to it again is expected.

   

   

Thus, though I also listen only about the second

When you will roughly introduce it

The singer-songwriter, the person "Tetsuya Itami" :.

It variously has abundant powers of expression only with one guitar and the harmonica.

In the interior of the talent, the world tries to be told wonderful of music really.

Saying that there is only simple, frank "Appearance of me of the truth" comes into view.

The more it listens, the more.

For the person of the singing occupation of playing a melody

Simply ..that.. and ..performing.. .... difficultly

Moreover, the furiously burning fire is not rooted out in me, and keeping keeping the zeal :.

Music industry in the current world and Japan doubtful whether in "Professional" of damage cataracts

・・・・Woops! I will stop it here this time.





As for this talent, it extends and it is necessary to pay attention to width more in world.

・・・・'s that not is must not be only me though not being paid attention might be mysterious.



This is read now.

You who should have obediently listened to some songs on Tetsuya's Itami site also.



As long as it is man ….



















It is possible to listen to the music of the artist who introduced it here on the site here.





   http://home.p02.itscom.net/fighting/T.ITAMI%20OFFICIAL.html






Please reach the page of NEXT on the death at last clicking the item Gallery on this page.












- Book in which this article is published: Meeting to make Tetsuya Itami come
back
[PR]
# by badlife | 2006-05-16 02:41

噂のへヴィ・ウェブログ ”Mind Resolve”を捜せ!




自然界に生きる色んな命の在り方。
ごく普通にありふれてても、どんなに複雑でも、
そこには二つとない自分が存在してる。
一つ一つ心で感じとる自然との触れ合い、その瞬間 瞬間、
できる限り自分の役割を見失わず、
生きることに全力を尽くしたい。
昨日も今日も同じ区間を行ったり来たり、
狭い範囲から抜け出せず、後戻り効かない時間に追われてる。
後悔の反復が未来までも後悔にしてる様な現実。
今の自分を心から大切にできない。
黄昏の種類も色々で、時々、これは本当の自分じゃない…。
そんな疲れ果てた世代と現代社会。
自分が自分としてどう生きればいい?
好きなものを観たり聴いたり触れたり、
その色や光景、匂いや音色、陰や清々しさの味わい、ぬくもり…。
五感の働きのどこかで、素の自分に立ち返る瞬間。
僅かでも前向きになれて本来の生きるべき道が開けてくる。
そう信じたい。
すると いつか近いうち、
生きることは それほど難しいことじゃない。
そんなふうに気づける人間てのは…不思議だよな。




   メイン・ページ
        
        http://ameblo.jp/badlife/



        KeithRichards 今日の一曲
        http://ameblo.jp/badlife/theme-10000913671.html


Today's Stones Number ~ ローリング・ストーンズ、今日の一曲!
        http://ameblo.jp/badlife/theme-10000630209.html


        伊丹哲也をカムバックさせる会
        http://ameblo.jp/badlife/entry-10004556706.html


        ロックが どうかしましたか?
        http://ameblo.jp/badlife/theme-10001124310.html


        犯罪心理学の盲点
        http://ameblo.jp/badlife/theme-10001414190.html


        四百四病の病より貧乏ほど辛いことはない
        http://ameblo.jp/badlife/theme-10001043041.html


        酒づくりのうた
        http://ameblo.jp/badlife/entry-10005115730.html


        V E R S E ~ 詩集・散文集        

        http://ameblo.jp/badlife/theme-10000625132.html


        fairlytale ~ 創作・童話集         

        http://ameblo.jp/badlife/theme-10000625145.html


        Short Piece ~ 短編集        

        http://ameblo.jp/badlife/theme-10000625188.html


        n o v e l ~ 連載小説        

        http://ameblo.jp/badlife/theme-10000625200.html


        これは役立つ! 生活の知恵

        http://ameblo.jp/badlife/theme-10000630053.html


        黄昏の芸能ブローカー

        http://ameblo.jp/badlife/theme-10000655560.html


     "mind resolve " (本チャンのブログ。読むのにパワーが必要!)
~ この時代に生きるか 死ぬか。本来の自分自身 獲り戻してみようぜ。

        http://ameblo.jp/badlife/theme-10000534475.html




     
                   まってるぜ。

                    じゃあな。
[PR]
# by badlife | 2005-12-08 00:25 | BAD LINKs Ⅱ

   Jump Up  ”Mind Resolve”



        http://ameblo.jp/badlife/
        ”Mind Resolve” main page 


          この時代に生きるか死ぬか。
      本来の自分自身、獲り戻してみようぜ。




 It is to change the world in short ..changing me.. ..early...
  How should I live in the age of the future ?
   And, what is such oneself ?
    Very important part.
     It is a key to find the clue to survive.
      And, it :. I survive.
     It is left by the next generation of the me.
    How by the human race to use the "Planet Earth"
   It connects with becoming very.
  It is not separately difficult.
 It is a natural role, and mediation as man who is alive in this age.
There is at least such an obligation for me.



        
e0078839_1733525.jpg
”Mind Resolve”
[PR]
# by badlife | 2005-09-20 16:51 | English Change